■製造工程(手切りの塩辛)

■製造工程(手切りの塩辛)

1.解凍
2.裁割
3.水洗い
4.​塩素殺菌
5.水洗い
6.塩漬け
7.カット
8.計量
9.調味投入
10.熟成
11.計量
12.包装(真空)
13.金属探知機
14.袋詰め
15.保管(-25℃以下)
16.​出荷

気温が低い午前中のうちに一気にイカの仕込み

を行います。

切ったイカを丁寧に何度も洗います。​目や時には匂いを嗅いで品質をチェックします。

1.解凍
2.裁割
3.水洗い
4.​塩素殺菌
5.水洗い
6.塩漬け
7.カット
8.計量
9.調味投入
10.熟成
11.計量
12.包装(真空)
13.金属探知機
14.袋詰め
15.保管(-25℃以下)
16.​出荷

イカを部位毎に包丁で手切りする。

​機械を使いません。

手切りでないとイカの食感を残せません。

■「手切りの塩辛」美味しさの秘密

​手切り

包丁で手切りすることで断面が垂直になります。機械切りでは難しいこの手切り作業により角が出来、口に入れたときのコリッとした食感が生まれるのです。

温度

イカの仕込み作業は、気温の低い午前のみ。

原料のイカは新鮮な半冷凍を使用。

仕上げも5℃以下の低温熟成です。

これは、温度が高くなるとイカに締まりが無くなり食感が落ちてしまったり、

​味が染み込みすぎるため温度管理は美味しい塩辛造りにとって重要な要素となります。

一刀流まぎり

〒007-0838

札幌市東区北38条東1丁目3-7

TEL:011-704-3000 / FAX:011-704-3001

店舗責任者:久宝寺 達也

​顧問:泉 博志

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copyright © 2015 ITTORYUMAGIRI All Rights Reserved.